長々とカタール航空を乗り継ぎようやく到着いたしました〜、トビリシ!

全然東京より暑くて、外に出る気が全くおきません、トビリシ!

ところでそもそも、トビリシどころか、人に国名「ジョージア」と言っても、アトランタ州のことでないと知るとポカーンとするこのどこそこ?な地、ここは

1) ワイン発祥の地(と言われている)

2)  物価が安い(特に酒)

3)  半端ないおもてなし

4)  スペクタクルな絶景の宝庫

5)  まだ中国人いない

という、行かない理由が見つからない、トルコとロシアの間くらいにある国。

こないだまで「グルジア」と日本人は呼んでたけど、「前に侵略してきたロシアの読み方だから、もうそう呼ぶのやめて〜」と2015年に懇願されてから、ジョージアというのが正式な呼び名となった。が、日本語でググっても、コーヒーかアトランタ州ばっかり出てくる。

日本語の情報など皆無に等しい。
でも、きっと良いところだろうから、ロンプラや海外のブログやらなんやらからなんとなーく収集した情報のみでひとまず出かけてみよう。

今回は久しぶりに、旦那・トドマンとの夫婦2人の旅であります。他人と1週間以上も旅するなんて久しぶりだ。

いつも会社行くのに使ってるリュックに服と日焼け止め入れて、出勤しがてら羽田へ。なんでそんな微量な荷物で海外行けるの?と、会社の人にも航空会社の人にも不思議がられるも、こちらからすれば空港にウロウロしている観光客のみなさん、あんな巨大なスーツケースで、何年間どんな僻地に住むんだよと不思議です。何が入ってんの?七輪?冷蔵庫?金庫?

で、長い長いフライトを経て到着いたしました、未踏の地ジョージア。

想像どおりのショボい空港。ここから夜中発の飛行機なんて待ち時間辛い。

カジノの広告がでかでかと掲げられている国だけあり、UFOキャッチャーにも現実的な商品をはじめ現金が。1GEL(1ジョージアラリ=50円くらい)を50倍にしよう!とか、おもうのか。UFOキャッチャーで。

その名もスナイパー

ATMでちびろっくがお金を降ろしている間、ベンチで待ってたトドマンは隣に座っていたおじさんに

「カザフスタン?カザフスタンから来たんでしょ?

と、おもいっきりカザフスタン人扱いされていた。その後も、タクシーのおっちゃんにロシア語で話しかけられたりしたあたり、本当にカザフスタン人だと思われているらしい。

参考画像:カザフスタン人

確かにそれらしいようならしくないような

多すぎた

SIMカード(データ50GBで30GEL)を購入し準備万端。

バス(市街まで0.5GEL)が泊まっているが、今日から泊まるアパートの近くを通らなそうなので、タクシーの方が無難そうだ…と一応バスの方に寄ってくと、明らかに人を騙しそうなのが数人やってきて、「バスは安全ではない」

お前らよりは余程安全そうだよ…と思いつつ、バス停から歩くのも面倒なのでちょっと交渉。アパートの主が、「30GEL以上は出さなくていい」と教えてくれていたので、それ以上はビタ一文出さない。

一人目「70GEL」はいあっち行け。
もうひとり「45GEL」→ 30GELに値負けさせて交渉成立。「超安全運転でお連れするよ!」と、ますます胡散臭い。

車に乗り込むなり、「30ドルは破格だよ〜」と嬉しそうに話し出すのでおい待てと。よくある展開だがそうはさせん。

「行っておくが米ドルなんてこれっぽっちも持ってないしジョージア人の友人は30GEL以上払う必要はないと言っている。ドルとか言うんだったらここで降りる」

沈黙。

空港の駐車料金を支払った運転手は、またどうでもいいことを言い出す。「ここの駐車料金はおれが自腹で…」「それがお前の仕事だろ」とトドマン。

沈黙。

我々の頑とした抵抗に対してこいつは、インドでも中国でも経験したことのない、キアヌ・リーブス主演「スピード」の、時速80キロ以下になったら爆発するバスさながらの運転をもって応酬に出た。余計にハンドルを切ったり、余計に追い越しかけたり。そんなもんでギャーギャー言うガキじゃねんだよこちとら。テンションの低い40歳だよ。

おかげでそっこー着いたが、アパートの前まで行かず大通りで降ろされた。何も躊躇する必要はない、30GEL渡してさっさとお帰りいただいた。「超ダメダメ運転ありがとうね〜♪」しかし思い返せば見事な運転だったとも言えなくもない。

というわけで、東南アジアによく有りがちな揉め事を経て、第一印象微妙なトビリシ1日目開始。

でもね、

夕方にはカエルの大合唱

絶景の宝庫のお宝は、首都トビリシにも沢山あるんだよ。
首都なのに、そこらじゅうに何世紀も何世紀もものが普通に残っていて、やかましいツーリストエリアにいても、一瞬時間軸がゆがむような、不思議な街。

こんな近未来的なのもあるよ

なんだか色々ごちゃまぜ過ぎて、よくわからんが、うろうろしてみます。でも暑い。夕方まで寝るか…。

 

■■本日の旅行情報■■

・タクシー(トビリシの国際空港 → 旧市街)
→ ちょっぱやで15分くらい、30 GEL(相場らしい)

・SIMカード(5 GB までのデータ通信分)
→ 30 GEL

・アパート(Airbnb予約、1LDKほど)
→ ¥ 3,714 x 3 泊 = ¥ 11,143 (清掃代、サービス料別)

 

Please follow and like us:
0