日本じゃありえない、パリのワインショップの夏風景

「ロゼ」と聞いて、まず皆さんが思い浮かべるのはこのCMですよね。

 

はい→このまま読み進めて下さい

いいえ→このブログを読むには時期尚早です

 

嘘です。
20代でも10代でも、どうぞ読み進めてください。

ミポリンがこの後奇しくも、フランスに移住することになるとは、本人ですら想像していないであろう、この頃。

10人20人でひとグループも当たり前で、もう誰でもなれんじゃねえかってくらい、アイドル飽和状態のここ最近ですが、この頃はまだ「アイドル四天王」なんて、アイドルという言葉にもう少し、希少価値が感じられる時代でしたね。

にしても

もう30年かよ…。

まあいい。パリの話に戻りましょう。

7月、街中に点在するワインショップのディスプレイは、もれなくロゼ、ロゼ、ロゼ。

こっちもロゼだね

ロゼだね

ロゼですな

ロゼですな

スーパーですらこんなだね

普通のスーパーだってロゼ

日本でこんなたくさんのロゼが並ぶのを見たことはない。
ワインに無頓着な飲食店じゃ、ロゼなんてまず置いてない。

白だの赤だのは食事に合わせて飲むイメージだけど、ロゼは単品で飲むにもちょうどよいし、お手頃価格のが多いので、ちびろっくも時々買う。

部屋で飲むため、近所のかわいいマダムが経営するワインショップで、ちいさいの1本買ってみた。たったの5ユーロ、日本だったらろくでもないワインしか買えない値段で、このお味。さすがだ。

IMG_4217

マダムおすすめの1本、5ユーロ

軽~い気持ちで飲めるロゼ、もっと日本に増えてくれてもよいと心底思う。

本場中の本場、ワインの国の底力

底抜けに親切なワイン博士・Arnaud さんと知り合う機会にめぐまれた。
彼に誘われたお店がここ。

高級ブランド店かのような店構え

高級ブランド店かのような店構え

Arnaud博士に連れられて、階下に降りてみると目の前に広がるのはお花畑ではなく

波打つボトル

波打つボトル

ワインボトル畑。

選ぶ気がなくなってくる

5LDKくらいの広さのフロアには、産地ごとに分けられて芸術品のごとくボトルが陳列されている。
だんだんとワインボトルの底が、ツブツブに見えてきて、少々鳥肌が立つ。

軽く1杯できるのはうれしいね!

軽く1杯できるのはうれしいね!

さすがに全部じゃないけども、何種類かはめちゃんこお手頃な価格で試飲が可能。
軽く1杯飲みたいだけだったら、カフェ行くより絶対、静かで安いここに来る。近所に誰かこの店作ってけれ。

ここで買ったワインは、階上の開放感あふれるシャレたレストランで飲めちゃう。

なんていい笑顔…

なんていい笑顔…

Arnaud さんが選んでくれた白と、チーズ&ハム類盛り合わせで乾杯…
この白、ありえないおいしさで、「いや~そんな飲めませんて」なんて言いながら2人で丸々空けたよね。
気がついたら他のお客は全員退散済で、閉店時間だけど?とギャルソンに追い出されたよね。

チーズとかもスンバラシかったので、夢だったんじゃという気がしたこの夜。

夢かうつつか、このうまさ

何度でも言うが、際限なく親切な Arnaud さんは、パリ最後の晩、1日宿なしとなったちびろっくに快く部屋を提供してくれ、翌日5時起きに関わらずもちろん夜中まで酒盛り。
故郷名産のコニャックビールなんてマニアックなものまで飲ませてくれたよ。

Arnaud さん、また一緒に飲める日を楽しみにしているよ~。

IMG_4758 (1)

なかなか出まわらないレア物

パリどまんなかのぶどう畑

フランスともなってくるとね、首都パリのどまんなかにぶどう畑があっちゃったりすんです。

場所は、我々のアパートから徒歩5分、モンマルトルのちょい外れ。

IMG_4462

「ぶどう畑」のバス停のすぐそば

「クロ・モンマルトル Clos Montmartre」というこの畑でできるパリ産ワイン、その名も「クロ・モンマルトル Clos Montmartre」は、なんせちょびっとしかできないから、毎年10月のモンマルトルでやる収穫祭でしか飲めない、超レアもん。

他サイトからの受け売りによりますと、
その昔、パリ周辺にもたくさんあったぶどう畑でしたが、都市化などの世知辛い理由にてどんどん減ってしまった。しかし、やっぱちょっとはここらへんにも残しとこうぜということで、1930年頃に新たに木が植えられ、パリ市管理のもと、こうしてぶどうちゃんたちが栽培されている。
醸造は、全て18区の市役所のカーヴでおこなわれるとのこと。市役所にカーヴがあるとかほんと、フランスってばよ!

売上金は全てチャリティー的なことに使われるそうです。

IMG_4469

入りた~い、入れな~い

通常時に中に入るには予約が必要とのこと。
↑の写真の建物はモンマルトル美術館。ここからちょっと違う眺めも楽しめる様子。と、後から知った。

IMG_4470

都心とは思えないのどかな眺め

10月までお待ちくだせえ

10月までお待ちになってね

次回はぜひとも10月に来たいもんだが、実は11月、12月にもフランス中からドメーヌやらシャトーやらがわんさかいらっしゃるどでかいワイン大祭があるとのこと…そんなこと聞いたらまる3ヶ月、パリに居っぱなししかないジャマイカ!

ああこのフランス野郎、何度来させる気なんだ、直行便に乗れない貧乏人をよ…。

Please follow and like us:
0